×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2008年3月16日 練習試合 榎デビルス戦


スコア題字 by 【Jいとうとハッピー&ブルー

♪わたし祈ってますぅ〜……よせばいいのにぃ〜

………………………………………………………………
 簡潔に書きます。

○良かったこと
  前日に練習したサインプレーができたこと
  終盤の5点差を追いつく粘りがあったこと

●悪かったこと
  同じようなフライを何回もお見合いしたこと
  「ここ一番」で身体を張ってのプレーができなかったこと
  試合にのぞむ気持ちになっていない子がいたこと
………………………………………………………………

 『公認野球規則』の冒頭からすぐに
【1・02  各チームは、相手チームより多くの得点を記録して、勝つことを目的とする。 】
と明確に書かれている。つまり、「野球は『チームの勝利』が目的」なんだよ。

 ここでいう『チームの勝利』とは試合に出ている選手だけが背負っているものなのかな?
控えの選手たちにも『チームの勝利』に貢献できることがあるんじゃないのかな?
ミスして交代させられた選手しかり、ボール係やバット引きを失格になった子しかり、
試合中に『チームの勝利』より『自分の気分』が最優先されているようではダメだろう。
新5年生には少し難しいリクエストかも知れませんが、
先のジャイアンツ杯に先輩たちと帯同していた新6年生にはわかって欲しいものです。

 ミスして交代…落ち込んでいるヒマがあったら、チームを応援してください。
個人の技術不足は別の機会に練習すれば克服できるじゃないか…
というよりも、試合中に落ち込んでいても技術上達はしないだろう。
凹む気持ちはわからないではないけど、無駄なことだね。
その悔しさは練習に向けるべきもの。
反省するところは反省し、切り替えるところは切り替えること。




トップに戻る



下記は企業広告です